妊婦の便秘におすすめ 乳酸菌

妊娠中は、つわりやホルモンバランスなどの影響もあり、便秘になりやすくなってしまいます。便秘には、適度な運動が必要ですが、切迫流早産などの診断を受けていたりすると、なかなか自由に身体を動かすこともままなりません。

そんなときには、積極的に乳酸菌の摂取をオススメします。実は、日本人には乳酸菌は馴染み深い食材のひとつとして、昔から食事の中に摂りいれられてきました。味噌やしょうゆ、糠漬けなどは乳酸菌の力を借りて作る発酵食材なので、毎日の食事にこれらの食材を摂り入れることで、手軽に乳酸菌を摂り込むことができます。

また、チーズやヨーグルトなどの乳発酵食品にも、たくさんの乳酸菌が含まれています。つわりがあるとなかなか摂りいれることは難しいと思いますが、漬物などはさっぱりしていて食べやすいと思います。

それでもなかなか食べられない場合には無理をしないようにしましょう。また、これらの乳酸菌を多く含む食材は、塩分が多く含まれているものが多々あり、毎日摂取することで血圧が高くなってしまうこともあります。妊娠中は、もともと血圧が高くなりやすいので、妊婦健診で血圧を指摘されているような場合には、塩分の取りすぎには十分注意するようにしてください。妊娠中でも取りやすいオリゴ糖が便利です。助産師さんも薦めているのが、はぐくみオリゴです。

コメントを残す